意識せずソフトをインストールしないように要注意

みなさんフリーソフトウェアをダウンロードした後に、ブラウザのスタートページやIMEなど、ウィルス対応ソフトが勝手に変更されていたことはないでしょうか?実は、フリーソフトをインストールする際に、yesかnoか、okであるかないかを聞かれる際にすぐにでもインストールしたいがために、結構なんでもyes、okを選択してないでしょうか?

そういった安易な承諾はあとで、余計なソフトを入れていることがあります。基本的には自分からインストールを承諾しているので、勿論ウィルスソフトを入れていても、インストールしてしまいます。まず、承諾を得るかどうか?または承諾以外の選択肢がなければそれこそ閉じるで閉じてしまいましょう。NOと言える日本人になることが一番です。

それを知らずに、インストールしてしまった場合の対処方法

まず、必要の無いプログラムをプログラムの一覧で見つけられない場合は

windows7であればスタートメニューの中のコントロールパネルを開いてください。windows8であれば、マウスを右上にカーソルをもっていくと出てくる、メニューの一番下の設定をクリックしてコントロールパネルを呼び出してください。コントロールパネルを開いたら、プログラムのアンインストールをクリックします。そして、その中で、インストールしてしまったプログラムを削除すれば、大丈夫です。中にはしつこく、消さないで、理由を教えて、などを聞くプログラムもありますので、気にせずアンインストールを続行する項目を選択しましょう。

また、ブラウザ上で勝手にスタートページを別のものに変更されてしまった場合の対処方法です。

インターネットエクスプローラーの場合は、インターネットオプションの全般からホームページを入力するところに一番使用頻度の高いURLを入れなおしましょう。FireFoxではオプションの一般タブでホームページを同様に変更してください。

とにかく、無料ソフトなどのインストールに際しては、文章をよく読み、おかしいな?と思ったらNOを選択することです。たまに最後の方に、NOを選択することによって振り出しに戻るトラップもしくんである場合があるので、よく注意してください。そして、インストールしてしまったら慌てず、アンインストールをしましょう。

超有名なフリーソフトでもYahooツールバーをインストールさせにきたり、セキュリティソフトの無料版をダウンロードさせたりしてきます。基本的には無害です。でも邪魔に感じることもあるでしょう。悪意のあるようなソフトがDLされることはまずないですが、注意するに越したことはないでしょう。時限爆弾のように数カ月後に発動するウイルスなんてものもありますから。セキュリティソフトおすすめ比較で無料ではなく有料のしっかりしたウイルス対策をしておけば安全なフリーソフトだけをインストールできますよ。